タクシードライバーの仕事内容とは?

タクシードライバーの一日のスケジュール

タクシードライバーにはどんな仕事があり、どんな一日を過ごしているのでしょうか。タクシードライバーは出社するとタクシーの点検をし、健康状態をチェックされます。お客さんを安全に送り届けるため、車や運転手に問題があってはいけないからです。いったん集合して業務の注意点を再確認してから営業に出ます。駅の周辺や繁華街、ビジネス街でタクシーを流したり、タクシー乗り場につけ待ちをしてお客さんを待ちます。また、営業所から送迎の連絡が入ることもあり、そちらに対応することもあります。食事の時間はドライバーに任されるため自由です。営業が終わると営業所に戻り、タクシーの掃除をします。最後に、その日の売上を会社に収めてから退社します。

タクシードライバーには日勤、夜勤、隔日勤がある

タクシードライバーの勤務形態は3つあります。朝に出社して夕方ごろに退社する日勤、夕方に出社して深夜まで働く夜勤、そして朝から深夜まで働き、翌日が明け番という休日になる隔日勤です。日勤は昼間に働くので平日はビジネス街で流しをしたり、休日だと観光地近くで観光客を乗せるといった営業スタイルが主です。夜勤の場合は繁華街近くや駅のタクシー乗り場でつけ待ちをして、飲み会帰りのお客さんを乗せることで売上を出しています。隔日勤は勤務時間が長いので一日のうちにいろいろな客層を乗せることができます。隔日勤は労働時間が長いので、運転手が安全に運転を続けられるように三時間の休憩があります。体調管理をするのもタクシードライバーの仕事なのです。

巣ごもり生活者の増加で宅配便や軽貨物運送は大忙しです。来年のオリンピックをあきらめていない建築や土木の現場でも運転手が不足しています。ドライバーの転職は今がチャンス、今より良い条件も夢ではありません。