バスドライバーの仕事内容とは?

バスの種類によって仕事内容は変わる

バスには、路線バスや観光バスなど、様々な種類があります。路線バスのドライバーになった場合、バス停からバス停まで決められたルートを回るのが主な仕事となっています。勤務時間が決まっているので、残業がなく定時で帰れるのが魅力です。高い運転技術があれば、安定した収入を得ることが可能です。観光バスの場合は、お客様を乗せて観光地を巡るのが主な仕事となります。仕事をしながら美しい観光地を巡ることができるので、旅行が好きな人にとっては転職と言えます。休日や祝日などは繁忙期となるため早朝出勤がありますが、やりがいのある仕事です。方向感覚が優れており、観光地のルートを覚えるのが得意な人なども向いていると言えます。

短時間勤務のドライバーもある

短時間バスドライバーとして働きたい、という方は送迎バスがおすすめです。送迎バスドライバーの仕事は、主に幼稚園や介護施設などへの送迎を行います。短時間の運転で済むので体力の消耗が少ないのがメリットです。日常生活の空き時間に働きたい、という人にはもってこいの職業と言えるでしょう。収入面は他のドライバーよりも低くなってしまいますが、体への負担をかけずに働くことができます。残業もないので、自由に休みが取りやすいのが大きな魅力です。また、他の仕事をしながら送迎バスの仕事をすることも可能です。介護職に就きながら、介護施設への送迎バスドライバーをする、といった働き方もできます。自分の生活スタイルと合うドライバーの仕事を探してみて下さい。

運転業の求人は短距離での求人と長距離運転業に分かれます。自身のライフスタイルに合わせた職務を選びましょう