バスドライバーの平均年収とは?

バスドライバーの年収と仕事の特徴

様々な車を運転するドライバーの仕事は、比較的高収入のイメージもあり人気のある職業といえます。厚生労働省による賃金構造基本統計調査のデータによると、バスドライバー全体の給与は、月収およそ26~35万円前後で、平均年収はおよそ457万円とされています。これは、他の職種に比べると高く、同じくドライバーの仕事として高収入のイメージが強い、トラックドライバーの平均年収およそ450万円やタクシードライバーの平均年収およそ330万円を上回る数字です。 バスドライバーの仕事には、タクシードライバーと同様に運転のスキルだけでなく、乗客を乗せることで接客スキルなども求められますが、勤務時間はトラックドライバーに比べると安定しているため、仕事内容と給与面でのバランスの良さが魅力の仕事といえそうです。

公務員と民間のバスドライバーの違い

バスドライバーには、路線バスや観光バス、各種送迎バスのドライバーなど多くの種類がありますが、それぞれ給与形態はどのようになっているのでしょうか。バスドライバーは、大きく分けて民間と公務員の2種類があり、給与も違います。民間は、観光バスや夜行バス、貸切バスなどのドライバーで、都道府県ごとの観光客の多さなどにより差がありますが、東京都や大阪府で平均年収はおよそ490万円前後となっています。 都営バスや市営バスなどの路線バスのドライバーは公務員で、同じく人口など利用者数による都道府県ごとの違いがありますが、民間の1.2~1.4倍の年収となっており、公務員の方が年収が高い傾向にあります。ただし、民間のバス会社は、それぞれ規模や給与形態に差があることも特徴で、業績の良い大手企業であれば、賞与や福利厚生が手厚い場合もあります。就職先を選ぶ際の判断材料のひとつとして、ぜひ参考にしてください。

ドライバーの募集を探すときには、給与や福利厚生がしっかりしている大手企業を中心に探してみることが必要です。